contents-ue_r5_c2.png(8203 byte)



症状別の足の痛み:

足・土踏まず・前足部・踵の痛み・足の疲れは、体とその土台となる部分が正しく機能していないサインです。これらの問題には、以下のような原因が考えられます。


・足首の位置、アライメント不良 – バイオメカニクスの不全
・靴が正しく合っていない
・ランニングなどによる連続的な強い衝撃
・足の筋肉が弱い
・長時間のウォーキング、ランニング、立ち作業


足の痛み

長時間の立ちっぱなし、ランニング、エクササイズなどで足が疲れたと感じる時、足の状態は悪化し、不安定になり、足の痛みだけでなく、膝や腰、背中の痛み、ときには首にまで不調を感じるようになります。
重要なのは、このようなトラブルは筋肉が弱いことだけでなく、下肢のバイオメカニクスの不整にも起因するということです。
足が不安定な状態にあると、足首に過度の動きが生じます。この動きが靱帯や腱のオーバーユース、炎症といったトラブルを引き起こします。
こうした過度の動きが足首自体で吸収されない場合、膝や腰、背中や首で吸収され、余分な負荷がかかることによって痛みが生じるのです。



関節の痛み

ほとんどの人が、膝や腰、背中、首といった部分に何らかの痛みを感じるものです。こうした症状は、足部の静的、動的な位置異常に起因していることが多いのです。
足首が不安定だと、膝も不安定になります。この不安定な状態により、筋肉だけでなく腱や靱帯にも負担がかかります。膝に異常があると、外側靱帯、すなわち半月板や膝蓋骨の靱帯に痛みが生じます。
腰にも同じ症状が見られ、関節の過度の動きが早期関節炎の原因となります。同様に背中にも症状が現れ、筋肉の緊張と慢性的な痛みに悩まされます。
このように一連の構造に過度の負荷がかかることで、痛みが発生するのです。 また、縦足弓が十分にサポートされていないことが、様々な問題の原因となります。
ニーイン、外反膝、腰や背中への不適切な負荷などです。こうした下肢への過度の負荷が「ランナーズ・ニー(腸脛靱帯炎)」、「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」、「膝蓋大腿部痛症候群」などの症状の原因となります。
関節痛が広範囲に及ぶ場合、体全体を検査して、構造的な過労がないか、そしてそれが足にどう影響しているかを調べることをお勧めします。

足底筋膜炎

足底筋膜炎は、踵骨と母指球とを結ぶ腱(足底筋膜)の疾患で、足底踵部が痛む原因となります。
足底筋膜は足の縦足弓を支えています。足底筋膜炎の特徴は、主に踵裏近くの踵骨内側の痛みと緊張です。
この痛みは、起床時に急に体重が足にかかった時、また足に長時間負荷がかからなかった後によく起こります。
肥満の人、また堅い地面や床の上での長時間の歩行や立ち仕事をする人はリスクが高くなります。アスリートも足のオーバーユースにより同様の症状が出ます。
一般的には、足のメカニクスに問題がある場合に足底筋膜炎を発症しやすくなります。
例えば扁平足や、逆に土踏まずのアーチが高い、あるいは歩行時のオーバープロネーション(回内)などです。
2006年、Roosらが足底筋膜炎の患者に対し、インソールの使用による痛みの軽減について研究分析しました。報告によれば、短期的長期的に見た痛みの改善度は、1年後までに60%という結果でした(6週後に23%、12週後に36%、26週後に52%、52週後に59%)。患者は足の機能が改善し、生活の質も向上したということです。
1991年のFergusonらによる研究によれば、足底筋膜炎の患者40人中34人が、矯正インソールにより症状が改善しました。 また、2003年のSaxenaによる研究では、76%の患者が改善し、2%はすべての症状が緩和されたとしています。
さらに、1996年、1999年のコグラーらによる研究では、前足部外側と縦足弓を支える矯正インソールにより、足底筋膜炎による緊張が軽減したとの報告があります。

アキレス腱痛

アキレス腱痛は、オーバーユースによって生じる臨床症状です。 起床時に足に体重がかかったときに痛みを感じるのが特徴です。
また、ランニングなどの運動開始時にも症状がひどくなります。 アキレス腱痛は通常、運動の開始時と終了時に起こります。 運動中には痛みは少し緩和される傾向にあります。また、ヒールキャップが高い、あるいはきつすぎる靴を使用すると、アキレス腱に負荷がかかるため痛みが発生します。
オーバープロネーション(回内)やスピネーション(回外)などの足のメカニクスの不良もアキレス腱の痛みと関連があります。
靴が適切でない、足のオーバーユース、また堅い地面などが症状を悪化させます。
2008年のDonoghueらの報告によれば、アスリート12人を対象に行ったテストで、適切なインソールの使用により、90%以上に痛みの軽減が見られたということです。 その前年の2007年、Mayerらはアキレス腱痛の症状のある男性アスリートのグループを対象に、インソール装着と理学療法のテストを行いました。 その結果、4週後には痛みの改善が見られました。



シンスプリント

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)は、運動中の衝撃により下肢前部、内側部に痛みや圧痛が発生するものです。
主な原因は、負荷の大きいトレーニング、堅い地面や床の上での筋肉のオーバーユース、歩行時やランニング時のスタンスフェーズ(立脚期)に見られる回内です。 また、扁平足もシンスプリントの症状が起こりやすくなります。
1990年にSchwellnusら、また2002年にLarsenらにより、 衝撃吸収セミリジッドインソールの使用がシンスプリントの予防に効果的であることを実証されました。
また2008年のBandholmらによる調査で、後足部の動きの最大範囲を制限するインソールの装着が、痛みの緩和に関係していることがわかりました。
PetersonとRenström が2002年に行った研究では、シンスプリントの症状に改善が見られました。
患者の30%に矯正インソール使用による効果が見られ、部分的あるいは全体的に痛みが緩和されたのです。
サポートされていない状態の足は、多くのエネルギーが必要となり、危険な衝撃力を吸収してしまいます。



ランナーズ・ニー

ランナーズ・ニーは腸脛靱帯炎とも呼ばれ、膝の外側部に疼痛が見られるものです。 骨膜や嚢も炎症を起こします。
この痛みは、腸脛靱帯の大腿骨部との過度の摩擦、また過度のストレッチで腸脛靱帯が短くなることによって起こり、ランニングやサイクリングなど、膝の屈伸を繰り返す周期的運動をする人によく見られる症状です。 またランナーズ・ニーは、ランニング時にニーインやオーバープロネーションが見られ、脚の軸に問題がある人に起こりやすいものです。
1981年のMcNicolらの研究は、矯正インソールの使用とフットジムナスティックがランナーズ・ニーの治療に効果的であることを示しています。



膝蓋大腿部痛症候群

膝蓋大腿部痛症候群は膝蓋骨周辺や後部に広がる痛みで、下りの歩行時や膝を長時間曲げたときに痛みがひどくなります。また、膝の内側に圧痛や緊張を感じます。
主な原因として、踵が安定しないため歩行時にニーインが見られる、筋肉の強さが十分でない、また膝や踵の外反などが挙げられます。十分なリハビリテーションをせずに運動のレベルや範囲を広げたり、あるいは適切なトレーニングを行った場合も症状が出ることもあります。
膝蓋大腿部痛症候群は多くの場合、ミッドスタンスフェーズ(立脚中期)に異常なローリングやプロネーションが見られるので、インソールの使用は効果的な治療法となります。
1987年の Tiberioによる研究では、矯正インソールの使用によりオーバープロネーションが軽減し痛みが緩和されました。また、2009年にCollinsらが治癒中の患者179人を対象に行ったテストでは、 痛みが大きく改善しました。



ジャンパーズ・ニー

ジャンパーズ・ニーは、膝蓋骨の下に痛みを生じるのが特徴です。運動のレベルによって痛みの程度は異なり、 しばしば強い圧痛を伴います。
原因は様々ですが、膝の外反によるものが多く、膝の軸が不整になり敏感な部分に力がかかることで症状が起こります。後足部の外反も、膝にかかる負担が大きくなる原因です。
ジャンプや急速な回転運動をするアスリートは膝蓋靱帯に強い張力がかかるため、発症しやすくなります。
ジャンパーズ・ニーは多くの場合、ミッドスタンスエーズ(立脚中期)に異常なローリングやプロネーションが見られるので、インソールの使用は効果的な治療法です。

1987年の Tiberioによる研究では、矯正インソールの使用によりオーバープロネーションが軽減し、痛みが緩和されました。



外反母趾

外反母趾の症状の特徴は、足の親指の関節が内側に10°まで曲がっていることです。強い痛みがあり、負荷に対して過敏となり、腫れを伴います。
また痛みがない場合も、幅広の靴を着用しなければならず、見た目に問題となります。
外反母趾は、窮屈な靴やハイヒールの着用が原因となることが多く、前足中央部への負荷が大きくなり、前足部の横アーチが小さくなってしまうのです。
そのために、靴が適切でなく足が窮屈だと、親指は内側に曲がりやすくなり外反母趾の要因の一つになります。
立脚後期にオーバープロネーションがある場合も、床に押されたときの足の内側への回転の力が足指内側関節に吸収されるため、外反母趾になる可能性があります。

2002年Tangの研究により、トー・セパレーター付きのインソール使用することで、外反母趾の改善に即効性があることがわかりました。インソールを装着してすぐに、外反の角度が6°以上も改善されたのです。
また、3ヶ月間の使用で、歩行能力に大幅な改善が見られたと報告されています。



モートン神経腫

モートン神経腫の症状は、足の第2指と第3指の間、または第3指と第4指の間に激しい灼熱痛を生じるものです。
また、つま先全体に症状が発生することもあります。靴を着用したり、動くだけで、また硬い地面を裸足で歩くと痛みが強くなります。
モートン神経腫は主に扁平足が原因となります。足の横アーチが平坦だと、中足骨が互いに押し合う形となり、骨の間にある神経を圧迫します。圧迫された神経は腫れと炎症を起こし、激しい痛みが発生します。
モートン神経腫はハイヒールやピンヒールを着用する人に多く見られますが、合わない靴や、硬い地面を裸足で歩くことも原因となります。

2008年のT.-H. Brodtkorbらによる報告では、矯正インソールの使用により、22人の患者について、 前足部にかかる平均力を大きく軽減することができたとしています。
また、2006年にJiunn-Horng Kangらが前足部の足底圧を計測し、メタターサルパッド(中足骨パッド)の装着によって中足骨にかかる最大圧を軽減することができるかを調べました。
結果として、中足骨にかかる力の上限を下げることが、自覚疼痛スコア(n=18)の改善につながることがわかりました


evi-11.bmp(7488 byte)

オーバープロネーション

オーバープロネーションは、過度のプロネーション(回内)、すなわち距骨下関節の動きの不良で、足が内側に傾斜して倒れ、しばしば前足部のスピネーション(回外)を伴います。
少数の症例として、膝が内反位の場合、オーバープロネーションが下肢軸の状態を回復させるための動きとなっている場合もあります。膝の問題によって下肢軸が横にずれると、足は内側にずれてこれを補正します。
このような特別なケースでは、専門医による診療と体全体のバイオメカニクスについての十分な知識が必要です。
オーバープロネーションは、ランナーズ・ニー、ニーイン、アキレス腱痛、また一般的な足首痛などの整形外科疾患の原因となります。
オーバープロネーションによる問題がX脚を引き起こし、膝に影響することもあります。接地時のオーバープロネーションにより、脛骨の内側への回転が起こります。靱帯は固く連結されているため、この内側への動きの結果として、歩くたびに膝のニーインが起こります。
この内側への軸のずれは非常に危険で、しばしば膝関節炎の早期発症につながります。
オーバープロネーションは多くの場合、立脚中期に異常な回転動作が見られるため、インソールによる治療が効果的と考えられます。1987年のTiberioによる研究では、矯正インソールによってオーバープロネーションが軽減し、痛みが緩和されるとしています。


evi-12.bmp(7488 byte)

スピネーション

スピネーションは、距骨下関節の動きの不良により、足が外側に傾斜して倒れるもので、踵の内側や親指が床とほとんど接触しない状態です。
接地時のスピネーションは、主に凹足や下肢軸の内反位によるものです。脚全体の軸が横にずれるもので、このアライメント不良は、遺伝やサッカーなどの特殊で連続的な動きに起因するものです。
スピネーションは、アキレス腱痛、シンスプリント、足底筋膜炎などの痛みを伴う疾患の原因となります。また膝が外側に曲がることで、半月板や靱帯に力がかかり、関節炎の早期発症にもつながります。



パフォーマンス

スイスインソールは様々な疾患の回復に効果的ですが、スポーツの分野においても多くのトップアスリートに愛用されています。
スイスインソールの使用により足のバイオメカニクスを向上させ、パフォーマンスのレベルを向上することができます。
最適なバイオメカニクスによりエネルギーをセーブすると同時に、1回のジャンプや走行に使われる力を増加させることができます。
足のバイオメカニクスが向上することで、アスリートはリハビリテーションにおいても効果を得ることができます。
靱帯と軟骨の摩耗が軽減されることで、激しいパフォーマンスにおける迅速なリハビリテーションが可能となります。
スイスインソールはほとんどの靴に装着することができます。
ゴルフシューズ、トレッキングシューズ、スケートシューズやスパイク他、様々なタイプの靴には特殊な目的がありますが、オーダーメイドのインソールは靴そのもの、また個々のアスリートの足に合わせて製作することができます。
ランナー、バイカー、ゴルファーから職人、看護士、家庭の主婦まで、スイスインソールはすべての人の足、すべての靴に合わせて製作することができるのです。



背中や首の痛み

背中や首の痛みの原因は様々です。医療専門家やカイロプラクティックの専門家、療法士などの治療を必要とする症状の重い場合もありますが、中には簡単に治療できるものもあります。
特に、体の関節にアライメント不良がある場合、オーダーメイドのスイスインソールの使用は有効です。

スイスインソールを使用することにより、多くの人が日常的な痛みを緩和することができます。
背中や首の痛みは、多くの場合、足が正しくサポートされていないことに起因しています。これによってアライメント不良の連鎖が起こり、足のアーチから足首、脛、膝、腰、背中、首へと広がっていきます。関節のアライメント不良は炎症を悪化させ、多くの人が慢性的な痛みを感じるようになります。



問題解決の方法

足や体の問題でお悩みの方は、まずお近くの医療機関で専門医の診断を受けることが重要です。

インソールが疾病の治療に有効であるかどうかは、医師のアドバイスを受けてください。 整形外科では治療のためのインソールを製作しています。